奈良県生駒郡の歯科 こうの歯科医院 矯正歯科治療

トップページ > 矯正歯科治療

歯並びは大切

歯並びや噛み合わせが悪いことを「不正咬合」と言います。歯並びや噛み合わせが悪いと、ものを噛んでも歯にかかる圧が多くの歯にうまく分散されず、噛むときに数本の歯だけに過度の圧がかかるため、歯が折れたり欠けたり、ぐらついたりする原因になります。
また、歯並びや噛み合わせが悪いと歯周病やむし歯の原因になったり、全身的に及ぼす障害があります。不正咬合の原因の多くは、あごと歯、あるいは上下のあごの大きさのアンバランスです。その結果、歯が互いに押し合う状態になり、かみ合わせが異常になります。
もう1つの原因として、1本以上の歯が失われると、失われた歯のあとのスペースに周りの歯が移動してくることがよくあり、そのために歯並びが悪くなります。
その他の不正咬合の原因には、顎骨骨折、4歳以降にも続く指しゃぶり、口やあごの腫瘍、クラウン、充てん物、入れ歯の支台装置、歯列矯正用装置の装着不良などがあります。

不正咬合の主なパターン

叢生(でこぼこ) 上顎前突 下顎前突
叢生(でこぼこ) 上顎前突 下顎前突
歯の大きさのバランスが悪いため歯の生える場所が足りなくなり、デコボコ状態になっている 出っ歯とよばれているもので、上の前歯が下の顎よりも前に出ている歯並び 受け口、反対咬合ともいう、下の顎が上の顎よりも前に出ている
過蓋咬合 開咬 交叉咬合
過蓋咬合 開咬 交叉咬合
噛んだときに下の歯がほとんど見えなくなってしまうような極端な深い噛み合わせ 口を閉じていても上下で噛み合わない状態。前歯で物が噛みきれない場合が多い 上下の奥歯の噛み合わせが横にずれている。前歯の中心もずれていることがある
 

矯正装置の種類

金属ブラケット

矯正歯科治療のオーソドックスな装置です。金属ブラケットは、強度と安定感があります。昔に比べると装具や接着剤の進歩があり、高機能のものもあります。しかし見栄えが悪いのが欠点です。

セラミックブラケット

見た目の悪さを改善される透明のブラケットです。ほとんど目立たないので金属ブラケットより利点です。歯より堅いので、歯に当たると歯の方が削れてしまうのが欠点です。また金属ブラケットより費用がかかります。

矯正歯科治療の流れ

1.矯正の初診、カウンセリング

矯正に関するあらゆる疑問質問にお答え致します。問診や診察をし、あなたの不安を取り除きます。

2.精密検査や細菌検査

あなたのお口の中の問題点を詳しく調べるため歯形やレントゲンを撮ったり、矯正治療中には、むし歯になりやすいため虫歯菌検査など行います。

3.装置の取り付け

むし歯治療などが終わりましたら、いよいよ装置の取り付けです。装置をつけた後は、1ヶ月に1~2ミリ程度の割合で動き始めキレイな歯並びへ導きます。

4.定期検査/保定観察

装置をつけた後は、定期的にPMTCが重要ですので、歯のクリーニングをしたり、歯を少しずつ動かしていきます。約1年~3年経過を観察して、装置を取り外し、歯並びが安定するまで、リテナーというものを使用します。問題がなければ定期的なメンテナンスをします。
(期間は個人差になります)

矯正治療の症例

叢生デコボコの矯正治療症例

受付
待合室

上顎前突の矯正治療症例

受付
待合室

正中離開の矯正治療症例

受付
待合室

開口の矯正治療症例

受付
待合室

矯正治療とラミネート治療症例

受付
待合室
Copyright(c) 2017 KOUNO DENTAL CRINIC. All Rights Reserved.