奈良県生駒郡の歯科 こうの歯科医院 インプラント治療

トップページ > インプラント治療

インプラント治療とは?

インプラントは、第2の永久歯と言われています。
永久歯がなくなり、後を補う歯としてインプラントが第3の永久歯と言われているのです。
基本的には補綴治療と口腔外科、歯周治療をミックスした治療になります。歯が失われた場所に歯の根にかわる人工歯根を埋めます。骨としっかり付いた段階で人工の歯をその上に取り付ける治療法です。
そもそもインプラントの歴史は古く、1952年にスウェーデンにあるイエテボリ大学のブローネマルク博士がチタンと骨が結合する現象オッセオインテグレーションを開発されました。1980年代まで15年にわたって臨床研究を続けてデータを蓄積し、ブローネンマルクシステムを確立しました。1981年に学術論文を発表し、この発表により、歯学界にセンセーションを巻き起こし、世界中でオッセオインテグレーション・インプラントが臨床の場で実際に行われるようになったのです。

インプラントの種類

現在、世界中のインプラントのメーカーは約100社近くあるといわれています。各社様々な形や種類がありますが、オリジナルのインプラントを製造しているメーカーは数少なく、ほとんどはブローネマルク博士が開発したインプラントのコピー品的な物やが多く、研究開発費が抑えられますが、臨床データなど少ないため、安全性や確実性という点では若干の不安が残ってしまいます。 そのためにも科学的根拠に基づきデータや症例が多い、また信頼性のあるインプラントシステムを使用することをおすすめします。ココでは代表的なインプラントのメーカーをご紹介します。

こうの歯科では、信頼性の高いシステムのアストラテックインプラント(スウェーデン製)3Iインプラント(アメリカ製)の2種類を採用しております。適材適所に使用することで、患者様の様々な病状に対応できるインプラントシステムを使用しております。 インプラント治療で恐怖や痛みについて多くの不安を抱えていらっしゃると思いますが、どうぞご安心下さい!当院では静脈内鎮静法を用いております。静脈内鎮静法とは、術中の痛みや恐怖心などなくなり、術後の腫れや痛みも少なくなります。より快適で、より安全にリラックスした状態で手術を行って頂けます。

アストラテックインプラントとは、世界的な製薬、医療器具メーカーであるアストラゼネカ社のグループ企業、アストラテック社によって開発された生体親和性に優れ、長期間安定して使用できる素材である純チタンを用いた歯科用インプラントです。 1985年から開発に取り組み、現在その研究開発力と長期安定性は世界中で高い評価を得ています。

3Iインプラントとは、1987年にアメリカのインプラント・イノベイションズ・インクで開発され、純チタンを用いた素材です。 優れた審美性で、治癒期間の短縮が可能なインプラントです。今や世界でも高い評価を得て、アメリカではNo1のシェアーを誇っている 。

こうの歯科医院はインプラント専門医の歯科医院です

インプラントを実践する上において、インプラントが顎の骨に埋める外科手術だけが上手でも喜ばれる結果が出ません。常に最善であるように、インプラントに関係する全ての習熟を求められることになります。 当院の院長は、社団法人 日本口腔インプラント学会専門医と日本歯周病学会歯周病専門医です。このように専門医には様々な団体が多数存在されていますが、日本における口腔インプラントの学会として厚生労働省の外郭団体である日本歯科医学会に所属している、つまり厚生労働省に認められている学会は公益社団法人日本インプラント学会のみとなっています。また同じく日本歯周病病学会も厚生労働省が認められている学会です。専門的な歯科医療機関としての役割を担うとともに、皆さまが、ご満足いただける診療を提供できるよう、一丸となって邁進していきたいと思います。

こうの歯科医院では、高性能3次元CT「AUGE SOLIO」を導入しております

当院では、最新の高性能3次元CT「AUGE SOLIO」を導入いたしております。
従来の2次元の歯科用レントゲンとは違い、3次元CTは、お口の環境や歯根の形状、骨の状態まで、お口の中をより詳細に正確な検査することができ、しっかりとした治療計画を立てることが可能です。 また、画像を診療チェア横のモニターに映し出し、患者様にもご確認いただいております。さらに、従来との違いとして放射線量は3分の1以下で、安心で安全な治療のご提供を実現します。

歯科用CTを導入するメリット
・撮影後の早期の画像処理
・診査・診断 短時間の撮影
・放射線量の低減

歯だけでなく、顎の内部構造や上顎洞の形態、粘膜の状態、病巣などを立体画像で確認できるので、 これまでの2次元的なレントゲンではわかりにくかったところも見落とすことなく、適切な治療をすることができます。 さらに、治療内容に合わせた10パターンの撮影モードがあります。 そのため、一度のCT撮影で発見できる症状が増え、より症状が軽い段階での治療を可能にし、患者さんの負担を軽減します。

デジタル画像情報ソフトウェア NEOPREMIUM(ネオプレミアム)

上記の高性能3次元CT「AUGE SOLIO」で撮影したデーターを患者様のいらっしゃるチェアサイドで見ることができ、より説明・診断ができるシステムになっております。このような立体画面を見ていただくことで「わかりやすく、理解しやすい」と患者様の理解度が高まりました。
インプラント治療のみならず、歯内療法、歯周病、親知らずなどの診断に非常に有効な歯科用CTは、安心で安全な治療を行う上で必要条件であります。

インプラント治療の流れ

1.相談および問診

患者様の疑問や質問をこの段階でお伺いします。その後現在の全身状態の問診や口腔内の状態を診査させて頂きます。また、詳しくレントゲン撮影や細菌検査、歯形をとったりします。

2.インフォームドコンセント

診断用の資料を参考に治療計画を立てたり、具体的な治療内容についてお話させて頂きます。ご納得いくまで説明をさせて頂きます。

3.むし歯や歯周病治療・骨の再生治療

インプラント埋入する前に、むし歯や歯周病疾患がある方はインプラントが出来ません。そのために、虫歯や歯周病治療をおこないます。また、骨の厚みなど足りない方や歯周組織の破損がひどい場合は骨の再生治療も行います。

4.インプラント埋入

人工の歯根(フェクスチャー)取り付けます。顎の骨にインプラントと同じ大きさの穴を形成します。しっかり固定する用にインプラントを入れ歯ぐきをとじます。 患者様の状況によっては一回で手術が終わる一回法を選択する場合があります。

5.術後管理

抗生剤などを服用し、インプラントを埋入した部分の消毒を行います。この期間は丁寧に歯みがきをして頂くことが大切です。

6.ヘッド装着・型どり

インプラントがしっかりと結合したら、人工の歯を取り付けるためにヘッドを装着をします。そして、人工は(仮歯)を作るための型取りをします。

7.上部構造(人工歯)装着

いよいよ天然の歯と見分けがつかないほど人工歯を取り付けます。インプラントの装着後は、日々のお手入れが一番大切です。また全身の健康状態によっても大きく影響されます。しっかりとお手入れして下さい。また、定期的に歯科医院でメンテナンスを行うことが大切です。

骨の再生治療

GBR(骨再生誘導法)とは

重度の歯周病などにより、骨の幅や高さが無いときに外科手術が必要となります。
当院では、骨を再生するGBR(骨再生誘導法)を行います。 GBRは、骨の再生を促す特殊な膜を入れ、徐々に骨が再生されます。

サイナスリフト

サイナスリフト(Maxillary Sinus Augmentation)は上顎の奥歯を抜歯したケースで良く用いられる治療法です。上顎の骨のすぐ上には、上顎洞(サイナス)という穴があります。この上顎洞のため、上顎の骨は下顎と違ってかなり薄いのが特徴です。 そのため、上顎にインプラントを挿入するには、下顎よりも骨が薄いため制限を受けやすいといえます。人によっては、上顎の骨に十分な厚さがないことがあるために、この部分の骨の量を増やす必要があります。 サイナス・リフトは、このように上顎の骨の厚さがインプラント埋入には短いときに、上顎洞内に造骨の場を求めるケースに使用する方法です。具体的には、上顎洞の粘膜(シュナイダー膜)を上顎洞の底から剥離して持ち上げ、それによってできた隙間に自家骨や骨補填剤を移植することにより上顎洞の底の部分の位置を上げ、 インプラントを埋入できるだけの骨の厚みを確保する施術法です。

まずは診査と診断をさせて頂いた上で、保険治療では出来る症状なのかを診断し、完治が難しい場合は、自費治療についてオススメしております。自費治療の患者様にはどのような治療ができるか?またどのぐらいの治療期間がかかるかご説明させて頂き、ご納得頂いてから治療を行います。

インプラントQ&A

Q.インプラントをしているという違和感などはあるの?

ご自身の歯と同じです。人工の歯が入った日から数日は違和感を感じる事があるでしょうが、すぐに消えます。もし長引くようであれば、お気軽におっしゃってください

Q.お手入れって面倒ですか?

面倒というよりは、長持ちをさせるためにはきちんとしたメンテナンスとブラッシングが必要です。インプラントは天然の歯と比べてシンプルな形をしているのでお手入れはラクです。しかしお時間が経過するにつれ、お手入れなど疎かになる方が多いようです。歯を失った時のことを忘れずにお手入れをきちんとしましょう。わからないことがあればお気軽にスタッフにお尋ね下さい。

Q.手術は痛いのですか?

当院では静脈内鎮静法施行下で行います。寝ている間に処置を致しますのでストレスや痛みを感じることなく治療を受けて頂けますただし、麻酔が切れてから多少腫れや痛みが出る場合がありますが、通常すぐ治ります。

Q.インプラントは何年位持ちますか?

重い基礎疾患を抱えている方は、まず病気を治すことが優先となります。健康な人でも顎の状態が悪くインプラントを受けられないこともあります。最近では骨の造成術の技術が進み、適応症が広がっています。

Q.仕事で人に会う機会が多いのですが、インプラント治療を受けていることが人にわかってしまうのでしょうか?

ほとんどわからないでしょう。入れ歯に比べてインプラントの歯の部分はエステテック(審美的)なものです。固定式のため食事中に外れたり洗面所で取り外しして洗う必要もありません。治療中も仮歯を作成しますので、ご安心してインプラント治療を受けて下さい。

Copyright(c) 2017 KOUNO DENTAL CRINIC. All Rights Reserved.