奈良県生駒郡の歯科 こうの歯科医院の治療費について

トップページ > 治療費について

当院の治療費について

奈良県・生駒郡の歯科医院 医療法人 こうの歯科医院では、基本的に保険内治療を行っておりますが、「質の高い治療」を提供するため、治療の内容によっては保険外診療をおすすめしております。 保険外診療といいますと、歯を白くするため、高価な金属、材料を使用するためなどと高額に感じられるかもしれませんが、そうではなく質の高い治療を提供するための細やかな技術料、時間的費用など考えて頂くと決して高いものではないと思います。
お口の健康を保ち、快適な生活を長く保っていただくために、保険外の歯科治療も選択肢のひとつとしてお考えになって下さい。

■前歯の詰め物 ワンポイント 美しさ 耐久性 価格(税別)
E-MAX
E-MAX
・金属を使用しないため、金属アレルギーの心配が無い 。
・見た目が天然歯に一番近く、歯先に透明感があり、変色無し。
○ ◎ 100,000円
■臼歯部の被せ物 ワンポイント 美しさ 耐久性 価格(税別)
ジルコニアセラミック
・金属を使用しない為、金属アレルギーの心配が無く、セラミックの中でも一番耐久性が高い。
・E-MAXより汚れがつきにくい。
△ ○ 70,000円
ゴールド
・金属なので強度が強く、力のかかる部位にも使用でき、最も適合性が良い。
※金属アレルギーが起こりにくい。
△ ○ 70,000円
■部分的な詰め物 ワンポイント 美しさ 耐久性 価格(税別)
セラミック
・審美性が良く、変色しなく汚れ(プラーク)が付きにくい。金属アレルギーの心配が無い。 ◎ ○ 50,000円
ゴールド
・金属なので強度が強く、力のかかる部位にも使用でき、最も適合性が良い。
※金属アレルギーが起こりにくい。
△ ○ 35,000円~40,000円
■入れ歯 ワンポイント 薄さ 安定性 価格(税別)
コバルトクロム床
・永く入れ歯用材料として使用され、信頼性も実績も高い材料です。スタンダードタイプには超硬質の材料を使用することで丈夫さや薄さを限りなく追求し、自然に近い装着感や快適感が得られます。一つずつ丹念に人工歯の埋め込み部分に金メッキをほどこし、プラスチック部分も自然な色に仕上がります。 ○ ○ 300,000円
ノンクラスプデンチャー
・食べ物が入れ歯に挟まる事が少なくなります。また金属のバネが無く、笑顔になっても口元は美しいままです!
・ 金属アレルギーの方にも最適です。
・入れ歯に透明感があり、歯茎と見分けがつきにくい。薄く、軽く、弾力がある素材。
・とても良くフィットします
○ ○ 150,000円
800,000円
(3歯まで)
■再生療法 ワンポイント 価格(税別)
歯周外科 エムドゲイン含む 80,000円
■抗菌療法 ワンポイント 価格(税別)
歯周病細菌PCR検査+
歯周病抗体価検査+
生化学検査 (1回)
・通法では初回、1.5ヶ月後、12ヶ月後の3回施行を標準とする 50,000円
歯周病抗菌療法
セット
・歯周病細菌、抗体価、生化学検査2回+全顎SRP2回+PMTC4回 250,000円~300,000円
■インプラント ワンポイント 価格(税別)
静脈内鎮静法 ・静脈内鎮静法で、うたたねしているような心地よい気分で治療を受けていただけます 50,000円
ドルミカム筋肉注射 20,000円
フィクスチャー 200,000円
アバットメント
・インプラントと人工のかぶせものを連結させるアバットメント(土台)のことを言います。 50,000円
上部構造(セラミック)
・失った歯の代わりとなる上部構造(人工のかぶせもの)のことを言います。 90,000円
上部構造(ゴールド) ・失った歯の代わりとなる上部構造(人工のかぶせもの)のことを言います。 700,00円
■インプラント ワンポイント 価格(税別)
単純
(ソケット
プリザベーション)
ソケットプリザベーション(Socket Preservation)は抜歯適応の歯が残っている場合に行う骨造成です。 ソケット(Socket)とは歯を抜いた後の抜歯窩を示します。 プリザベーション(Preservation)は保存という意味です。骨が細くなればなるほど手術が難しく複雑になります 30,000円
複雑 100,000円
ラテラルウィンドウ
テクニック
上顎洞側壁に骨窓を形成し上顎洞に到達する方法 200,000円
オステオトーム
テクニック
上顎洞底を歯槽頂上から挙上させる手術法 50,000円

医療費控除について

医療費控除の対象となるものは、その年に支払ったものに限られます。 いくらその年の年末までに請求書により支払うべき金額が確定していたとしても、年末までに支払いをしてないものは、医療費控除の対象となる医療費の額に含まれませんので注意して下さい。通常の医療費は、病気やけが等がおきた場合に支払うものですが、歯科治療はまだ痛みの伴わないむし歯等のように、治療の時期が特定されないものがあります。なお、この医療費についても、家族で所得が多い方がまとめてその年の医療費を支払った方が節税効果が大きいです。

医療費控除について

医療費控除とは、自分自身や家族のために医療費を支払った場合に、受けることができる一定の金額の所得控除のことです。医療費控除は、所得金額から一定の金額を差し引くもので、控除を受けた金額に応じた所得税が軽減されます。

医療費控除の対象となる医療費の要件

納税者が、自分自身又は自分と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。

その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であること。 (治療中に年が変わるときは、それぞれの年に支払った医療費の額が、各年分の医療費控除の対象となります。)

医療費控除の対象となる金額

医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。

( 実際に1年間に支払った医療費の総額 - イの金額 ) - ロの金額

イ:保険金などで補てんされる金額
(例)生命保険契約などで支給される入院費給付金、健康保険などで支給される療養費・家族療養費、出産育児一時金など

ロ:10万円 ※その年の所得金額の合計額が200万円未満の人はその5%の金額

控除を受けるための手続

医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を提出して下さい。その際、医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などについては、確定申告書に添付するか、提示して下さい。また、給与所得のある方は、この他に給与所得の源泉徴収票(原本)も付けて下さい。

Copyright(c) 2017 KOUNO DENTAL CRINIC. All Rights Reserved.