奈良県生駒郡の歯科 歯周病と全身の関係

トップページ > 歯周病と全身の関係

歯周病と全身の関係

歯周病は歯を失う原因になる病気ですが、口の中だけではなく全身に波及し「命を奪う病気」までと言われています。
なぜ!?歯周病が全身の病気に影響するのでしょうか!?

これは口の中の細菌が歯肉の炎症によって発生する炎症の物質が血流にのり、全身に運ばれていくからです。本来、細菌は口の中の粘膜に阻まれて体内に侵入することができないのですが、歯周病により、歯周ポケットが深くなると内側からただれたり、傷などが出来てしまいます。そこから細菌が入り込み身体の中に悪さを始め、全身の病気に悪影響を及ぼしていくのです。その代表が糖尿病です。

歯周病と糖尿病

歯周病治療で糖尿病の改善にも!

近年「メタボ健診」などにより生活習慣病の予防に対する関心が高まっていますが、世界で急激に増加している糖尿病。
国際糖尿病連合会の調べによると2011年世界人口の70億人中糖尿病と推定される人は、約3憶6600万人と言われています。糖尿病とは、慢性的に血糖をさげるホルモン(インスリン)が足りなくなり、血糖値が高くなる病気です。目や肝臓等の病気心筋梗塞や脳梗塞などを合併症として引き起こすと言われています。また糖尿病の人は歯周病になるリスクが高く、 糖尿病の罹患期間が長いほど、歯周病の罹患率が高くなります。そして様々な合併症が起きやすいとされています。
糖尿病への影響を減少させるためにも歯周病の治療と予防、進行抑制は必要であります。

歯周病による全身へのリスク

歯周病になりやすい要因は大きく分けて、①口の中の細菌、②患者自身(宿主)、③生活習慣(環境)の3つでこれらが複雑にからみ合って発症し、進行します。特に歯周病の直接の原因は「細菌」です。悪性が強い歯周病菌を持っていると歯周病は5倍ほど進みやすいと言われています。また歯周病菌が攻撃してきても、患者本人の免疫力が高ければ細菌をやっつける事ができます。逆に患者が高齢者や糖尿病などの病気を持っていると歯周病も進みます。これが宿主による要因なのです。そして喫煙習慣やストレス、食生活などの乱れ、運動不足などの「環境」は、歯とは無関係と思われがちですが、これらも歯周病を悪化させる大きな要因とされています。
このように3つの要因がすべて重なっていると発症の危険性も高まります。「歯周病は生活習慣病」と言われるように口の中の細菌だけでは説明出来ない要因がたくさんあります。
そして、歯周病には糖尿病の他にも、心臓病、低体重児出産、誤嚥性肺炎、喫煙者などの関連も指摘されています。「私には無関係」と思わず、ぜひ信頼出来る歯科医院で歯周病治療、予防健診を受けて下さい。

脳梗塞

脳の血管が動脈硬化で狭くなったり、詰まったりすることで血流が止まり脳細胞が壊死する病気です。歯周病の炎症物質が動脈のつまりを促進すると言われています。

心筋梗塞

心臓に栄養を送る冠動脈が動脈硬化を起こすことにより、血液の流れを悪くなります。長時間血液が止まると死に至るため、脳梗塞同様に歯周病の炎症が悪影響を及ぼすと言われています。

心筋梗塞

重度の歯周病をもつ妊婦さんは、早産や低体重児出産をする確立が7割にのぼるというデータがあり、歯周病の炎症物質の刺激により女性ホルモンの影響が出ると言われています。歯肉の出血がある方は歯科医院でチェックすることをオススメします。

誤嚥性肺炎

高齢になると飲み込む力が衰えます。歯周病の口の中は、細菌が増殖しているため、食べものが気管の中に入る込むことがあります。歯周病の細菌が食べものと一緒に肺に入り込むことによって、肺の中で炎症を起こす病気です。

たばこ(喫煙者)

たばこにはニコチンなど含まれる有害物質が含まれており、喫煙を続けている人は歯周病にかかりやすく、悪化しやすくなり、治療しても治りにくいとも言われています。

Copyright(c) 2017 KOUNO DENTAL CRINIC. All Rights Reserved.