奈良県生駒郡の歯科 歯周病にならないための予防メンテナンス

トップページ > 予防メンテナンス

予防メンテナンスの重要性

歯周病は、治療して良い状態になった環境を維持することが最も大事なことです。当院は患者様お一人おひとりに合わせたブラッシング指導や食事指導から予防メンテナンスを担当につき、一貫してお口の状態を把握させて頂いております。
こうの歯科医院は、歯周病専門認定の歯科衛生士を在籍しております。患者様との二人三脚で徹底した予防メンテナンスを行い、健康な口腔内を維持していきたいと考えております。

何で定期的に通わなければいけないの?

もう治ったのに「半年後また来て下さい。」と言われ、不満に思っている方もいるのではないでしょうか。
歯周病は、実は再発しやすい病気なのです。長期にわたって再発させない事が治療の目標になります。歯周病の再発しやすい方は、予防メンテナンス(定期健診)にきちんと通われている方によって影響されます。健康的なお口の環境を維持するためには予防メンテナンスが不可欠となります。
つまり、歯周病は一生付き合っていく慢性的な病気であり、治療にも終わりがないと言われております。

予防メンテナンスが必要な根拠とは?

①早期発見による再発防止

歯周病の原因は、口の中にすんでいる細菌です。原因菌の0%にすることは難しくそのため、プラークが溜まってしまうと、歯周病の再発となってしまいます。再発をいち早く発見する事で治療の重症化を防ぐことができます。

②ブラッシングチェックとブラッシング指導

正しいブラッシング指導を受けても、実際時間が経過されると個人個人のクセがつきやすく、自分流でブラッシングされてしまう方が多くいらっしゃいます。どうしても正しくブラッシングしているつもりでも、歯磨き残しが出てしまう方がいらっしゃいます。
定期的にブラッシング再確認や自分流のクセを知ってもらうことで、効果的なホームケアの確認をして頂くことが出来ます。

③リスクコントロール

お一人お一人お口の状態が違うように、歯科疾患へのなりやすさ(リスク)も異なります。
リスクの因子には噛み合わせの悪さやかみ癖、むし歯などのお口の中のリスク因子と、不規則な生活や食生活、タバコ、ストレスなど全身の病気などの全身的なリスク因子があります。定期的にリスクコントロールをチェックすることで歯周病に負けないお口と身体づぐりもサポートすることが出来ます。

④専門家による定期的な予防メンテナンス

どうしてもご自分でのセルフケアでは限界はあります。ブラッシングのクセによる磨き残しより、プラークがつきやすくなります。定期的に予防メンテナンスを行うことで歯周ポケットの奥にプラークが入り込むことを防ぐことも出来ます。いつまでも健康的な歯を維持出来るようサポートしていきます。

プラークコントロールの重要性

プラーク=歯垢は、細菌の塊です。口をゆすぐだけでは取り除くことが出来ず、しっかりと歯ブラシやフロスなどを使って歯垢を取り除く必要があります
当院は、歯周病の再発、予防に欠かすことが出来ないプラークコントロールの必要性を患者様一人一人にお伝えをしております。

Copyright(c) 2017 KOUNO DENTAL CRINIC. All Rights Reserved.