奈良県生駒郡の歯科 こうの歯科医院 いびき・睡眠時無呼吸症候群治療

トップページ > いびき・睡眠時無呼吸症候群治療

いびきや呼吸が止まっていると言われたことありますか?

一人で寝ているとなかなか気づかないですが、睡眠中の「いびきがうるさい」「呼吸が止まっているよ」などでご家族やパートナーから言われたことがある!なんとか治したい!とお悩みの方いらっしゃいませんか? 奈良のこうの歯科医院では「いびき・睡眠時無呼吸症候群治療」を行っております。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群の患者数は300万人以上
睡眠中に無呼吸を繰り返すことで、様々な合併症を起こす病気です。日本ではいびきをかく人は2000万人以上、睡眠時無呼吸症候群の患者数は300万人とも推定されています。症状としていびきを伴い、顎や顔の形態、歯並びや肥満、喉の形態など様々な原因として発症されます。その結果、睡眠が十分にとれずに日中の眠気や集中力の低下、居眠り運転などの生活に支障をきたすことになります。息が止まることで酸素が不足することで、循環機能に負担をかけ、不整脈、心不全、高血圧などが表れます。このような全身への悪影響が出ますのでいびきをかく人は注意が必要です。

睡眠時無呼吸症候群の指数(AHI)とは?
睡眠時無呼吸症候群の診断に欠かせない指数「AHI(略:Apnea Hypopnea Index)」があります。
1時間あたりの無呼吸と低呼吸を合わせた回数が5回以上(AHI5以上)で睡眠時無呼吸症候群と診断されます。
AHI5~15で軽度、AHI15~30で中度、AHI30以上で重度と分類され、AHI15~30の中度の症状で口腔内装置(OA:マウスピース治療)を行います。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群による全身疾患

全身疾患を引き起こす可能性!
閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)とは、空気の通り道である上気道が睡眠中に狭くなったり、または完全に閉じてしまうことで酸欠が起こります。このような症状が睡眠時に分断される状態を閉塞性睡眠時無呼吸症候群といいます。睡眠の質が低下し、さまざまな合併症、下記の様な全身疾患を引き起こす可能性のある病気です。

高血圧:閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)は高血圧の発症リスクとなる。
肥満:肥満はOSASの原因になる。
脳血管障害:OSASは脳梗塞の発症を増加させる。(AHI≧20)
不整脈:OSASは心房細動の発症を4倍に上げる。(AHI≧30)
糖尿病:OSASは糖尿病のリスク因子である。
心血管イベント:OSASは心血管イベントの発症を3倍に増やす。

保険診療のマウスピースを用いた治療

馴れると違和感なく装着出来る!
当院は、睡眠時無呼吸専門外来、耳鼻咽喉科と連携して終夜眠ポリグラフ検査(PGS検査)あるいは簡易型(SpO2, 呼吸気流フローセンサー)を行います。AHIが15以下の軽度・中度等の場合に口腔内装置(OA:マウスピース治療)を行います。
※睡眠時無呼吸症候群と診断がおりた場合、診断書をお持ちいただければ保険適用のマウスピースで製作が可能です。

 

マウスピースを用いた睡眠時無呼吸症候群治療のよくある質問

Q.マウスピースのお手入れはどうすればいいですか?

水洗いやポリデントなどの入れ歯洗浄剤をおすすめしております。熱に弱いので熱湯での消毒は避けて下さい。歯磨き粉や研磨剤で削れてしまう可能性もあるのでお控え下さい。お手入れ後は乾かしてケースに入れて保管して下さい。

Q.保険適応のマウスピースの場合とは?

他医院による睡眠時無呼吸症候群の診断書。治療依頼書をご持参いただければ保険適用となります。必ず、検査を受けた医院で診断書を書いてもらい、保険証と一緒にご持参下さい。

Copyright(c) 2022 KOUNO DENTAL CRINIC. All Rights Reserved.