奈良県生駒郡の歯科 こうの歯科医院 審美歯科治療

トップページ > 審美歯科治療・ホワイトニング

「歯を白くしたい」「差し歯をキレイにしたい」「笑うと銀歯目立つのでなんとかしたい」など、歯の白さや美しさなどの審美面。そして、機能面(正しいかみ合わせ)を焦点をあてた歯科治療が審美歯科治療です。
審美歯科には歯を白くするホワイトニングと人工の歯を入れる治療があります。人工の歯には様々な種類があり、患者様の歯の状態やご要望などをお伺いしながら最適な素材選びをいたします。
当院は、虫歯や歯周病治療と併せて口元をより美しく見える治療を心がけております。

歯のクリーニング(PMTC)

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)をご存じですか? 歯科医師、歯科衛生士が専門的な器械とフッ素入り研磨ジェルを使って行う歯面清掃(クリーニング)のことを言います。歯の表面から歯と歯肉の境の溝の中(1~3mmまで)のプラークを取り除くことができます。
現在歯科の分野でも予防医学が発展し、患者さんのホームケアーを中心とした、プラークコントロールだけでは、完全な口腔衛生状態を保つ事が難しい事が明らかになってきました。患者さんだけではコントロール仕切れない部位を見つけ出し、そこを専門家が管理していく事が、皆様の健康を維持するための最善の方法だと考えております。

当院は、初診から治療終了まで同じスタッフが担当する担当歯科衛生士制度を導入しております。治療やメインテナンスに来るたびに、知らない歯科スタッフに応対されたのでは、患者様も気を使ってしまうものかと思います。
担当の衛生士が歯磨き指導、歯のクリーニング(PMTC)、メンテナンスなどの治療を安心して受けていただくことが出来ます
疑問点や不安点などありましたらお気軽にご相談ください。

 

歯のホワイトニングについて

歯が変色する3つの原因と言われています。1.「歯の表面の汚れ」2.「加齢・遺伝による変色」3.「歯の内部構造が原因」で変色している場合などです。
ホワイトニングを行う前に、ご自身が何故歯の色が変色しているかを知ることが大切です。変色の原因によってそれに適した施術方法があるからです。

1.歯の汚れの原因

ヤニや茶渋、赤ワイン、コーヒーや紅茶等が歯の表面に付着して歯の色を変色させている場合がこれに該当します。毎日丁寧に時間を掛けて歯磨きをすればこのような付着は多少防ぐことは出来ます。しかし磨き残しや頑固にこびり付いてくると、なかなか歯磨きだけでは汚れ落とすことが出来ません。また口呼吸の人は、歯の表面が汚れやすくなります。歯の表面の汚れであれば歯のクリーニングを行えば、その人の本来の歯の色までは白く出来ます。

2.加齢・遺伝

年齢を重ねるとともに、徐々に歯の色調は濃くなります。象牙質の厚みが増し、黄褐色が強くなるためです。また、髪の毛や肌の色が人それぞれ異なるように遺伝的に歯の色が黄色っぽい方がいます。そこで、本来の歯の色よりも白く輝く歯を手に入れたい方におすすめなのが歯のホワイトニングです。ホワイトニングには歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」とご自宅で行う「ホームホワイトニング」があります。

歯の内部構造が原因

歯の病気や外傷で薬剤の副作用によって変色されるケースです。例えば、母親が妊娠中や子供の時にテトラサイクリンという抗生物質を服用すると歯の生え揃う時に縞模様状態で着色したり、全体的に茶色やグレーの強い褐色がでることもあります。またエナメル質形成不全症・象牙質形成と言って、歯の成長過程で歯の組織がしっかりとできあがらなかった場合で歯にくぼんだ部分があったり、色が茶色く変色しています。このようなケースが挙げられると、ホワイトニングで完全に白くすることは困難です。ラミネートベニアやオールセラミックスの歯を使って白くすることが出来ます。

より持続性のある白さを求める方にはホームホワイトニング

ポリリン酸プラチナホワイトニングシステムを行った方で、さらに持続性のある白い歯を求める方にはホームホワイトニングと併用することをオススメいたします。

ご自宅で好きな時間にマウスピースをはめて行うホームホワイトニングは、あなたの歯に合った専用トレイ(マウスピース)作成します。

作成した専用のトレイに、ホワイトニングジェルを流し込み、歯に装着します。1日に約2時間程装着して、約2週間ほどじっくりと歯を白くするシステムです。
上質な歯の白さを持続させたい方には、ポリリン酸プラチナホワイトニングとホームホワイトニングの併用をオススメいたします。

詰め物や被せ物(インレーとクラウン)について

よくむし歯で治療すると、むし歯の部分のみを削り取り詰め物(インレー)を詰める治療を行うと思います。また、大きなむし歯の場合は、神経の治療を行うため被せ物(クラウン)をしたりします。
このように歯の代わりに詰め物や被せ物は様々な種類があるのをご存じでしょうか?
詰め物と被せ物の保険治療では、治療時に使用する材料に制限があり、天然歯に近い審美性を得る事が困難な場合があります。自費治療は多少金額がかかりますが、品質の高い材料、審美性に優れた物を用いることにより、その欠点を補い高い満足を得る事ができます。
また、金属アレルギーはネックレスやピアスなどの金属装飾品が原因とは限りません。保険内治療の方、よく銀歯を入れている方はいませんか?
口腔内の金属が原因で、実は金属アレルギーを発症させている場合があるのです。
体内で少しずつ蓄積されて発症が遅く、原因の特定もしにくいとも言われています。
すなわち、現在金属アレルギーではない方でも、今後将来的に発症する可能性もあると言うことになります。
人体に影響のないメタルフリー治療行うことで、お口の中から金属を排除し、健康にも審美的にもよい治療を行うことができます。

オールセラミックス

金属アレルギーのある方やより綺麗な歯を手に入れたい方、神経のない歯などセラミックスで行う手法です。歯の透明感を失うことなく再現できるため審美歯科の王様とも言われています。大きさが不揃いな歯、歯の根っこの部分しか残ってないような場合まで対応可能です。

Copyright(c) 2017 KOUNO DENTAL CRINIC. All Rights Reserved.