奈良県生駒郡の歯科 歯周病とは?

トップページ > 本当は恐ろしい 歯周病とは?

歯周病とは?

健康な歯は、歯肉(歯ぐき)や歯槽骨といった歯周組織に守られています。
なぜ!?多くの方々が歯周病で歯を失ってしまうのでしょう。

小さなサインを見逃してしまうと、歯ぐき顎の骨の組織が破壊され、最終的に歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気なのです。私たちの口の中には400種類とも言われる細菌がすみついています。
これらの細菌は、口の中に残った糖分などをエサにして、歯の周りにプラーク(歯垢)と呼ばれる白いネバネバとした物質が発生されます。歯磨きを怠ると、このプラークの層が厚くなり歯周病の原因とされる歯周組織がすみつき、増殖を始めるわけです。

歯周病の進行について

健康な状態

歯肉の色は薄いピンク色で、歯と歯ぐきのすき間(ポケット)もなく、歯ぐきが引き締まっています。ブラッシングをしても出血はしません。

軽度の歯周病(P1)

歯肉の色は、赤みを帯び、歯ぐきが赤く腫れ上がり、歯を磨いたり、歯を磨いたり硬い物を食べると出血することもあります。

中度の歯周病(P2)

歯と歯肉の境に付着している歯肉中の細菌が毒素を出し、歯肉に炎症をもたらします。ポケットの炎症が慢性化して、骨が溶けはじめます。口臭もあり、歯が浮いたような感じがします。

重度の歯周病(P3)

歯肉の色も赤紫色のようになり、歯と接している歯肉がさらにぶよぶよと腫れ、退縮します。歯と歯の間が広がり、食べ物もよく詰まります。歯肉が退縮して、歯が長く見えます。
さらに重症化すると歯槽骨が失われ、歯は土台を失う抜け落ちてしまいます。

歯周病を放置すると・・・

歯周病はむし歯のように痛みがなく、自覚症状があまりないのに、徐々に進行し、気づいたときには手遅れのことが多い病気です。どうしても、お口の中を無頓着にしがちの方が多くいらっしゃいます。歯周病が進むと様々なな症状がでます。

歯槽骨が失われるため、歯ぐきが下がり、歯の根元が露出し始めます。このように露出し始めてしまうとむし歯にもなりやすくなります。
また、歯並びが良かった方でも、歯がぐらつきながら噛み続けていると、歯並びも崩れてしまい容貌まで変わってしまうこともあります。そして、歯周病には全身に様々な病気と関わりが大きい事がわかっています。
>>>詳しくは歯周病と全身の関係はこちら

歯を失う原因として真っ先に思い浮かぶのが「むし歯」という方が多いと思います。しかし、歯を失う原因の第1位は「歯周病」と言われています。歯科疾患実態調査(2011年)によると、国民の7割が何らかの歯周病の状態がみられていることがわかっています。
そして進行した歯周病は、年齢と共に重症化される方が多くみられます。そうならないためにも、早期発見、早期治療や予防メンテナンスを行うことで重症化の予防にも繋がります。
そして、歯だけではなく、全身の健康を守る事にも繋がりますのでぜひ定期的に検診を受けることをオススメします。

Copyright(c) 2017 KOUNO DENTAL CRINIC. All Rights Reserved.